立教大学軟式野球部の試合結果などをお知らせします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月25日、2度目の対法政大学戦が行われた。結果は3-4で逆転負けとなる。5日前に勝利目前の9回、「立教キラー」こと村上にまさかの同点弾を浴び、そのまま逆転負けを喫した本学。負ければ自力での2位以上が事実上消滅するとあって、必ず勝たなくてはならない試合である。試合は5回まで立教・岡本、法政・守屋が互いに要所を締め、スコアボードには0が並んだ。試合の均衡が破れたのは6回、エラーで出したランナーをきっちり送られた後、3番坂につまりながらもレフト前に落とされランナー1・3塁。ここで4番の久木田を迎えた初球、まさかのスクイズでこの日も先制を許してしまう。 だがその裏本学もすぐに反撃に出る。先頭の3番新熊、4番成田の連続ヒット、その後盗塁をからめて無死2・3塁のチャンスを作る。続く5番松浦のセーフティスクイズは、ピッチャー正面を突き、1死2・3塁となるが、6番上條の初球にエンドランを敢行、これがライナーでセンタ前に落ち、2者が帰り1-2と逆転に成功した。その後、2死2塁から岡本のライト前ヒットを返球を焦った相手が後逸する間に、さらに1点を追加する。
しかしその裏、またしても本学に悪夢が襲いかかる。1死からエラーと死球でランナーをためるとここで「立教の天敵」代打村上。ファールで粘られた後、岡本の投じたストレートをとらえた打球はそのままレフトポール際に吸い込まれ、まさに悪夢のような逆転3ランとなってしまった。その後、得点圏までランナーを進め、必死の攻めを見せる本学であったが、守屋の粘りの投球の前にあと一本が出ず、致命傷ともいえる5敗目を喫してしまった。
毎回言っていることだがやはり本学には岡本以外に、あと1~2枚投手が必要である。それと相手に先に点を与えないこと、1点を確実に取る野球を皆が意識することが必要である。状況は厳しくなったが残りの試合も未来につながるよう、全力で戦っていきたい。

(記事/後藤 淳也)      
スポンサーサイト
9月20日。リーグ戦第5戦が行われた。連敗しているだけに前半戦のしめくくりとなる今日の試合は落とせなかった。が、6-4でやぶれてしまった。


先発は岡本。またもや序盤フォアボールなどでランナーを出し先制され、追うかたちとなってしまった。攻撃ではチャンスは作るもサインミスなどでなかなか得点に繋がらなかった。6回の裏に成田のヒットなどでチャンスを作り柳井の2点タイムリーで逆転するも、9回に4点を返され逆転負けを喫してしまった。


課題はチャンスを生かせなかった点もあるが、終盤にピッチャーが踏ん張れないというのが一番の課題である。岡本一本に頼るのはやはり無理である。毎年ピッチャー不足に悩まされている。もう後半戦は負けることは許されないのでこの課題をどうにかしていかなければならない。

(記事/柳井 寿栄)
9月15日。リーグ戦第4戦が行われた。相手は春のリーグ戦の覇者である早稲田。攻守のバランスの取れたチームで今季はまだ負けなし。ただ我が立教大も二連敗中なので連敗は避けたいところだった。しかし結果は5-4で惜しくも敗れてしまった。


先発ピッチャーは岡本。立ち上がりの浮いた球を捕らえられ、序盤に2点を先制される。攻撃はチャンスは作るもののあと一本がでず中盤へ。中盤に岡本、関口の連続タイムリーで4点を取ったものの、終盤にホームランで追いつかれ、そのままの勢いでサヨナラ負けを喫した。


今回の課題も点を取れる時に一本がでないという打撃不振な点であった。ピッチャーの力投にバックが答えられるよう頑張りたい。これでリーグ戦も1勝3敗。大混戦なのでまだわからない。最後まで諦めず戦い抜くべきである。

(記事/柳井 寿栄)
9月5日。リーグ戦第3戦目。暑い日差しの中行われた。初戦の相手慶応との2試合目で2連勝といきたいところだったが6-2で敗れてしまった。


先発ピッチャーは岡本。序盤ボールが先行し守備のリズムが崩れ、エラーやワイルドピッチなどで相手に点を与えてしまい相手に試合のペースを握られてしまった。


攻撃ではチャンスは作るもののあと一本がでず序盤は終盤まで0行進。終盤に新熊、齊藤などのタイムリーで2点を返すもあとが続かなかった。


立教は打つチームではなく守るチームであるので守って自分たちのペースに持ち込むことが重要である。次の東大線は落とせないので反省を生かし望みたい。

(記事/柳井 寿栄)
 9月2日、リーグ戦第二戦。相手は春のリーグ戦1敗1分けの明治大学。春は初戦負けているだけに今季の初戦は落とせない一戦である。

 
 先発ピッチャーは前試合同様岡本。序盤に立ち上がりを攻められ3失点。中盤、終盤は持ち直しなんとか抑えるも、反撃が及ばず3-2で惜しくも敗れてしまった。


 チームのヒットはわずか4本。ノーアウトでのランナーを作れなかったのが点を取れなかった原因である。また、初戦では決まっていた小技もバントやエンドランのミスなどでチャンスを潰してしまったの点が残念である。守備の面でもカットプレーなどの細かいミスで点を与えてしまったり、エラーで出してしまったランナーが点に絡むなど反省点が見つかった。まだ始まったばかりなのでこのような反省点を改善し次の試合に望みたいところである。

(記事/柳井 寿栄)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。