立教大学軟式野球部の試合結果などをお知らせします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月16日、今季最終戦となる早稲田戦が行われた。ほとんどの三年生はこの試合で引退であり、早稲田はもしこの試合に敗れれば優勝が厳しくなる。ここはなんとしても意地を見せたいところである。
先発は早稲田・仲村、立教・岡本の両エース同士が互いに5回を1安打に抑え、スコアボードにゼロが並んでいく。
試合が動いたのは6回、この回先頭は早稲田のエース8番仲村。1ボールからの2球目、スライダーをフルスイングした打球はそのままライトスタンドに飛び込み、今日も先制点を許してしまう。
しかし本学も7回、先頭の6番上條がエラーで出塁し、バントを失敗するも相手のミスで1死2塁とする。続くバッターはここまで力投を続けてきた岡本。1回目の早稲田戦同様、ここでも抜群の勝負強さを発揮し、ライト線に同点のタイムリーツーベースを放つ。
その後9回を投げきった岡本は、2番手飯田に後を託し、マウンドを降りる。
しかし飯田が10回先頭の6番渡辺に右中間に運ばれると、これにエラーが絡み無死2塁とされてしまうと、ワイルドピッチ、四球などで1・3塁とされ、またしても仲村にライトへの犠牲フライを打たれてしまう。結局これが決勝点となり、延長の末2-1で敗れた。この結果本学は2勝8敗の単独最下位というふがいない成績でリ-グ戦を終えることとなった。
今回のリーグ戦の課題はなんといっても終盤の勝負弱さである。実に1点差負けが5試合、逆転負けが4試合である。しかし前年と違い、完封負けが1試合もないこと、投手を含む有望な下級生が台頭してきたこと等、収穫も多々あったリ-グ戦であった。自分は今季六大学で唯一主将として試合に出ずに、采配に専念してきた。1年からリ-グ戦に出場してきた自分にとってこのままでは終われない。来期も引き続き指揮を執っていくつもりである。
最後に記事の更新が遅れて申し訳ありませんでした。自分は体育会の委員も兼任している等の理由で、何かとご迷惑をお掛けしてしまいますが、どうぞご理解の程よろしくお願いいたします。 -後藤淳也-

(記事/後藤 淳也) 

スポンサーサイト
10月13日対東京大学戦が行われた。3日前の逆転負けの借りを返し、なんとか意地を見せたいところである。
スタメンを大幅に変更し、この試合に臨んだ本学であったが、立ち上がりから制球の定まらない東大先発服部を攻め立てる。2番飯田のライト前ヒットを足がかりとし、2つの四球で満塁とすると、リーグ戦初スタメンの高野がショートへ先制のタイムリー内野安打を放つ。この後田尻が押し出しとなる四球を選び、初回から2点のリードを奪う。
しかしすぐに東大も反撃。四球のランナーをパスボールで一気に3塁まで進められると、続く8番白井のセンターへのクリーンヒットで1点を返されてしまう。
その後東大打線をなんとか抑えていた先発岡本だが、6回ヒットと死球で2アウト1.2塁のピンチを招くと、痛恨のエラーで同点に追いつかれてしまう。なおも一打逆転のピンチでバッターは今日タイムリーを放っている白井。そして岡本の投じたストレートを完璧にとらえた打球は3塁線を痛烈に襲い、万事休す・・・かと思われた次の瞬間、サード飯田が横っ飛びでこれを好捕、なんとか同点でこの回をしのいだ。
そして7回本学の攻撃、2つのエラーで1死1・3塁のチャンスを作ると、1塁ランナー成田が盗塁。タイミングはアウトであったが、成田とベースに入った相手ショートが交錯し、ボールがこぼれる間に3塁ランナー飯田が帰り、勝ち越しに成功した。
結局このまま岡本が最後まで投げきり、開幕戦以来の2勝目をあげた。

(記事/後藤 淳也) 
10月10日、対東京大学戦が行われた。初回本学の攻撃、先頭の1番関口がレフト線へのツーベースで出塁すると2番飯田がキッチリと送りバントを決め、ランナー三塁。続くバッターは倒れるが、4番成田がしぶとくレフト線に落とし、課題であった先制点をものにする。
試合はそのまま進み4回、先頭の新熊が四球で出塁すると、意表をつく盗塁。これが成功し、1死後5番松浦のセーフティバントに盗塁をからめ、2・3塁のチャンスを作る。そして続く上條の内野ゴロの間に、またしても新熊が好走塁を見せ、待望の追加点を奪う。この後本学はエンドランを2回失敗するが、相手もミスを犯し、さらに2点を追加する。
4点のリードをもらった本学先発岡本はワイルドピッチで1点を失うものの、5回を1失点となんとか先発の役目を果たした。
続く二番手は、新人戦で好投してきた1年竹谷。しかしなかなか調子が上がらず、2つの四球を与えてしまう。なんとか2死までこぎつけたものの、満塁からレフト新熊が打球判断を誤り、まさかの後逸で東大に追いつかれてしまう。
その後リリーフした飯田がなんとか東大打線をしのいでいくが、打線も東大先発韮塚の前に得点圏にランナーは進めるものの、あと1本が出ず、試合は9回裏東大の攻撃へ。
そしてついに粘りの投球を見せていた飯田が先頭バッターを四球で歩かせてしまうと、盗塁、送りバントで1死3塁とされる。本学はここで塁を埋め満塁策へ。しかし初球を東大主将有馬にエンドランでレフト前に運ばれ万事休す。4-5の逆転負けでまたしても勝ち試合を逃してしまった。

(記事/後藤 淳也) 
10月4日、対明治大学戦が行われた。連投で疲れの見える岡本を休ませるため先発のマウンドには上條があがった。
しかし初回にいきなり上條を自打球が顔に当たり、片目を負傷してしまうというアクシデントが襲う。
初回・2回となんとか明治の攻撃をしのいだ本学であったが、片目の視力が奪われた上條の調子が上がらず、ヒット・四球に二つの失策が絡み、大量4点を先制されてしまう。
たまらず岡本を投入するが、本来の調子とは程遠く、四死球・失策を連発しては、ヒットで返されるという最悪の試合展開であった。
打線も明治の先発芦田に完全に沈黙させられいいところがなかった。
唯一の収穫は最終回、調子の上がらない明治の抑えのエースであり、春の最優秀防御率投手である前野から飯田の四球を足がかりに、新井のタイムリーなどで3点を返したことである。しかし時すでに遅し。11対3で大敗を喫した。

(記事/後藤 淳也) 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。