立教大学軟式野球部の試合結果などをお知らせします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 11月7日、秋季新人戦決勝、立教大学対早稲田大学の試合が行われた。 
 先攻早稲田で始まった試合は、初回、先頭打者のふらふらっと上がったセカンドフライを、「前日にグラブにオイルを塗り過ぎた」と、名手田尻がまさかの落球。だが、立教先発の竹谷はまったくもって慌てる様子もなく、そのランナーを巧み(?)な牽制で刺す。後続も打ち取り、初回を無失点で切り抜ける。
 そして、その裏の立教の攻撃。先頭がちゃっかりヒットで出塁すると、田尻が送り、ここのところwaseアカが忙しい3番高野も四球を選び、1死1、2塁とする。続く新熊の打席、3球目にダブルスチールを試みると、これが相手捕手の悪送球を誘い、1点先制。後続は打ち取られるが、貴重な先取点を得る。
 2回表、先頭は出すが何とか無得点に抑え、迎えたその裏の攻撃、1死後、関島・竹谷・今井が四球・野選によって出塁し、満塁とする。満塁のおいしい場面で、一番関口の打球はセンター前にポトリと落ち、1点追加。2-0とリードを広げる。
 その後は両校とも無得点で、2-0のまま試合は6回裏へ。
 6回裏も、立教の攻撃は簡単に2つアウトをとられる。ここで立教ベンチは、これまで相手打線をヒット一本に抑えてきた竹谷に代打を送る。大歓声の中、送り出したバッターは、立教の江藤こと背番号33の山川亮太。ベンチでは山川コールが鳴り止まない。この瞬間、関口は勝利を確信した。ホームランかと思われた打球はサードゴロであったが、相手に十分プレッシャーを与え、さらに立教の士気も俄然高まった。
 7回からは、立教のハンカチーフ王子、岡本が登板。この日寝不足ながらも、危なげない投球を見せる。
 また、8回裏の立教の攻撃では、得点には結びつかないものの、栃木から通う星野や、中澤など、途中出場の選手たちが、さらにチームに勢いをもたらす。
 そして迎えた最終回、2死後、ライトの山本に変わりムードメーカー森岡が出場。この交代が相手の息の根の止めたか、最後は岡本が三振に切ってとり、歓喜の瞬間を迎えた。

(記事/裕介)

     打 数 安 打 得 点 打 点 盗 塁 犠 打 四死球 三 振
1関口   4    2    1    1    1    0    0    0
2田尻   2    0    0    0    0    1    1    0
3高野   3    0    0    0    2    0    1    0 
4新熊   3    0    0    0    0    0    0    0
 中澤   1    0    0    0    0    0    0    1 
 伊藤   0    0    0    0    0    0    0    0
 山本   0    0    0    0    0    0    0    0
5渡辺   3    0    0    0    0    0    1    1
 星野   0    0    0    0    0    0    0    0
 森岡   0    0    0    0    0    0    0    0
6南野   3    1    0    0    1    0    0    0
 斉藤   1    0    0    0    0    0    0    1
7関島   2    0    0    1    0    0    2    0
8竹谷   2    0    0    0    0    0    0    0
 山川   1    0    0    0    0    0    0    0
 岡本   0    0    0    0    0    0    0    0
9今井   2    0    0    0    0    0    1    0 
  
スポンサーサイト
10月31日、秋季新人戦の初戦が行われた。相手は春季の初戦と同じ慶応大学。春季果たせなかった優勝を狙う本学にとって、なんとしても勝ちたい試合である。
本学の先発は1年竹谷。立ち上がりが課題である竹谷であったが、早くも初回から明治との接戦を制して勢いに乗る慶応打線につかまってしまう。先頭の大束にセーフティを決められると2つのミスが絡んだ後、高めに浮いた変化球を狙われ、3本のタイムリーでいきなり4点を失ってしまう。
対照的に本学はその裏、先頭の1番関口が四球で出塁するも盗塁を刺され無得点に終わり、嫌な流れが漂うが、竹谷も初回以降立ち直り、その後5回までを無失点に抑える。
本学の反撃は3回、2つの四球で1死1・2塁のチャンスを作ると、2番田尻が確実に送り、バッターは3番高野。高野の打球はショートへの平凡なゴロとなるが、相手がエラーを記録し2点を返す。
5回にも再び3回同様のチャンスを作ると、今日のラッキーボーイ高野のショートゴロをまたしても相手がエラーし、さらに1点を返す。
そして6回、2つの四死球に2つの野選を絡め同点とすると、関口がキッチリエンドランを決め、4-5と逆転に成功する。
この後、竹谷をリリーフした岡本が最後まで投げきり、辛くも初戦を白星で飾った。

(記事/後藤 淳也)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。