立教大学軟式野球部の試合結果などをお知らせします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
激闘の法政戦から10日弱。
20日、明治と春季リーグ戦第4試合目を戦った。

先攻は立教で先発は法政戦と同じく竹谷。前回明治相手に勝利しているだけに自信を持って臨んだ立教だったがなかなかチャンスを作れない。一方、明治は初回から立教を攻め立てる。
先頭打者センター竹林に死球を与えるとそのまま盗塁、更にキャッチャーのエラーで一気に三塁まで進めさせてしまう。すると、2番キャッチャー中島がスクイズを決め早々と先制点を奪われる。更にその次の打者は3番ショート川原。ライトへ一瞬ファールかと思われた打球はフェアとなりランナーは一気に2塁へ。何とか一点に食い止めたい立教だったが、その後も守備のミスからダブルスチールを決められてしまい初回から2点のビハイントを背負う。
2回になっても明治の猛攻は止まらない。8番セカンド蘆田がレフト前へ上手く運ぶと9番ピッチャー風間が確実にバントを決めてくる。すると、竹林もレフト前タイムリーで続き、追加点を与えてしまう。その後も竹谷の制球は定まらず、次の打者中島を四球で出した後、先程ライトへ二塁打を打った川原に、今度はセンター前タイムリーを打たれ、この回も2失点。結局竹谷は3回1アウトランナー1,2塁で降板する。岡本にマウンドをたくす。

一方、攻撃のほうもまた明治先発風間の前に、初回の2番セカンド田尻のライト前ヒット1本に抑えられ反撃のチャンスさえ作れない展開。

4回以降、2番手で登場した岡本は四死球でランナーを出すも、落ち着いたピッチングを見せ8回まで無失点で切り抜ける。

そして遂に立教にもチャンスが。8回、9番サード今井のレフト前ヒットがレフとのエラーを誘い、一気に二塁まで進める。そして次の打者センター関口ノファーストゴロの間に三塁へ。1点を取って反撃かと思われたが後が続かず。9回、4番ショート南野がレフトへ大きな当たりとなった二塁打でまたもチャンスを作るも結局ランナーを返すことが出来ずに、立教は今季初の無得点。

結果、立教は明治に0対4で風間に完封を許してしまった。

上位に食い込むためにも絶対に落とせなかった今回の試合。試合前1週間の練習が雨で中止となり、全く練習できなかったという不運さもあるが相手も条件は一緒。言い訳にはならないだろう。合宿以来、あがってきたバッティングもここに来て下がり調子。今一度、選手には合宿の苦しさや手が豆だらけになるほどバットを振った日々を思い出して欲しいところだ。次の相手は前回のリベンジとなる早稲田。同じ過ちを繰り返さない為にも練習して自信を取り戻すしかない。

    打 数 安 打 得 点 打 点 盗 塁 犠 打 四死球 三 振
1関口  4    0    0    0    0    0    0    0
2田尻  4    1    0    0    0    0    0    0
3高野  4    0    0    0    0    0    0    0 
4南野  4    1    0    0    0    0    0    1
5新熊  3    0    0    0    0    0    0    0
 森岡  1    0    0    0    0    0    0    0
6関島  3    1    0    0    0    0    0    0
 山川  1    0    0    0    0    0    0    1
7星野  1    0    0    0    0    0    0    0
 成田  2    0    0    0    0    0    0    0
8竹谷  1    0    0    0    0    0    0    0
 岡本  2    0    0    0    0    0    0    0
9今井  2    1    0    0    0    0    1    0

  

投手 投球回数 投球数 安 打 三 振 四死球 暴 投 自責点
竹谷  2 1/3    64    5     1    4    0    3
岡本  5 2/3    73    1     4    3    0    0

(記事・集計/藤井真由子)
スポンサーサイト
11日、法政大学とリーグ戦3戦目を行った。
5日の慶応戦が雨で中止になった影響もあり、久々の試合となった立教。
果たして法政に勝ち、優勝へ向け勢いを増すことが出来たのだろうか。

法政先攻で、立教の先発は竹谷。
序盤からリズムの良い立ち上がりで法政打線を順調に抑えていく。
しかし4回2アウトの場面で、4番センター久木田に四球を与えるとそこから3人連続で四球を与えてしまい、満塁のピンチを招く。しかし、その後の7番打者ファースト海野をレフトフライで抑え、無失点で切り抜ける。

一方立教のチャンスは4回。3回までヒットを出すもなかなか繋がらなかったが、先頭打者の3番ファースト高野が四球で出塁すると、4番ライト新熊がバントを成功させ高野は2塁へ。すると、この春のリーグ戦当たっている5番ショート南野が右中間を破るツーベースタイムリーを打ち、先制点を挙げる。更に、次の打者キャッチャー関島も左中間へツーベースタイムリーで南野に続き、立教はこの回一気に2点を挙げる。
先制した立教はこの次の5回を抑えたいところだが、法政にチャンスを与えてしまう。
先頭打者8番ピッチャー今関を四球で出すと、次の打者ライト河本にバントをされ今関は二塁へ。そして2番キャッチャー浅見の内野安打の間に1点を返され、更に3番レフト坂がライトの頭上を越える大きなツーベースタイムリーを放たれ、試合を振り出しに戻されてしまう。
しかし、その回の裏、先頭打者関口が四球で出塁すると、次の打者2番田尻が送りバントをきっちり決め、そして関口は俊足を生かし盗塁を決め3塁へ。絶好のチャンスを迎える。しかし、4番新熊がセカンドゴロで打ち取られチャンスを逃してしまう。
7回からは岡本が登場。その回、四球を連続で与えてしまいランナーを背負うも、関島の盗塁刺殺などにも助けられ難なく抑えていく。
立教も6回から登場した相手投手伊藤のテンポの速さに飲まれ、点が奪えずこのまま9回終了。

そしてここから先の見えない延長戦に突入した。
岡本は時折ランナーを出すも、落ち着いたピッチングで全く不安を感じさず、流れは立教へ。
しかし、立教は毎回ランナーを三塁まで進めるも、走塁ミスや最後の1本が出ずに点が取れない展開が続く。
そして試合は13回、岡本がそのまま点を与えずに抑えると立教大学の攻撃へ。
先頭打者5番南野が四球で出塁すると、代打でチームの宴会幹事、森岡が登場し、きっちりバントを決める。そして7番星野に代わってこの日就活を終えて駆けつけた4年の成田が死球で出塁。しかし、8番岡本の打球で成田はセカンドでタッチアウト。最後のバッターの斉藤の結果はサードゴロ。

2時間40分、13回の立教と法政の激闘は2対2の引き分けで終わった。

この試合、今までで1番の出来だった竹谷を筆頭に守備に関しては素晴らしい出来だった。しかし、ランナーを三塁に置いてからのバッティングが課題として残った。立教のヒットは9本と、法政の6本を上回っている。ヒットが全く打てていない状態ではないし、チャンスは作れている。13回粘り守れたことを自信に、また13回点が取れなかったことを課題にして17日の東大戦を勝ちに行くしかない。



    打 数 安 打 得 点 打 点 盗 塁 犠 打 四死球 三 振
1関口  2    1    0    0    1    2    2    0
2田尻  2    0    0    0    0    2    1    1
3高野  3    2    1    0    1    0    3    0 
4新熊  5    0    0    0    0    1    0    0
5南野  3    2    1    1    0    1    2    1
6関島  4    1    0    1    0    1    0    2
 森岡  0    0    0    0    0    1    0    0
7星野  4    0    0    0    0    1    0    0
 成田  0    0    0    0    0    0    1    0
8竹谷  2    0    0    0    0    0    1    0
 岡本  4    1    0    0    0    0    0    0
9今井  3    1    0    0    0    0    0    1
 斉藤  3    1    0    0    0    0    0    0 
  

投手 投球回数 投球数 安 打 三 振 四死球 暴 投 自責点
竹谷   6     108    3     2    5    0    2
岡本   7     92     3     4    4    0    0

(記事・集計/藤井真由子)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。