立教大学軟式野球部の試合結果などをお知らせします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月28日、町田市営球場で慶応大学と試合を行った。

立教先攻で先発ピッチャーは岡本。

立教のピンチは2回、この回の先頭バッターの4番ピッチャー中村(与)が左中間を破るヒットで出塁すると、6番ファースト村井への2球目をキャッチャーがパスボールしてしまいランナーは2塁へ、そして村井にもレフト前のツーベースタイムリーで先制点を奪われてしまう。そして次のバッターのセカンド大澤の打球をショートがエラー、更に9番センター黒川がレフトの頭上を抜けるタイムリーツーベースで追加点を奪われ、この回だけで3失点してしまう。

立教は相手ピッチャー中村(与)から4回までランナーさえ出せない展開が続く。しかし、そんな展開からチャンスは6回表、サードのエラーで8番ピッチャー田尻が出塁すると、9番サード今井がバントかと見せかけ、右中間前へヒットで続く。すると、1番センター関口がデッドボールで満塁に。立教は絶好のチャンスを迎える。しかし、4回から代わったライト須田がダブルプレーになってしまい、立教は無失点で抑えられてしまう。

更に7回、先頭バッター北岡に死球を与えてしまうと、その後2つのワイルドピッチで更に追加点を奪われてしまい、岡本はこの回でマウンドを降りる。

8回には竹谷が登場。
先頭バッターに四球を与えるも、その後は危なげないピッチングで無失点に抑える。

立教は結局、相手ピッチャー中村(与)に完璧に抑えられてしまい、結果立教は0対4で敗戦した。

前回ほどの惨敗は防げたものの、相手ピッチャーからもらったチャンスは1度だけだった。満塁のチャンスで点が取れなかったのも痛い。試合は練習の積み重ね。積極的に練習に取り組んでいくことが今最も必要なことだろう。
まだ1勝しか出来ていない立教にとって明日の法政戦は意地の見せ所。最後まで粘って勝ちを取りにいって欲しいところだ。



    打 数 安 打 得 点 打 点 盗 塁 犠 打 四死球 三 振
1関口  2    0    0    0    0    0    2    0
2前田  2    0    0    0    0    0    0    0
 須田  2    1    0    0    0    0    0    0
3高野  4    0    0    0    0    0    0    3 
4成田  4    0    0    0    0    0    0    2
5山川  2    0    0    0    0    0    1    1
 森岡  0    0    0    0    0    0    0    0
6関島  3    0    0    0    0    0    0    2
7田尻  3    0    0    0    0    0    0    0
8岡本  2    0    0    0    0    0    0    0
 中澤  1    0    0    0    0    0    0    0
 竹谷  0    0    0    0    0    0    0    0
9今井  3    1    0    0    0    0    0    1



投手 投球回数 投球数 安 打 三 振 四死球 暴 投 自責点
岡本   7      107     4    6    2    2    1
竹谷   1      8      0    0    1    0    0

(記事・集計/藤井真由子)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。