立教大学軟式野球部の試合結果などをお知らせします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月6日、法政と春季リーグ最終戦を行った。

立教先攻で、先発ピッチャーは引き続き岡本。

しかし、初回、先頭打者ショート浅見のヒットが右中間を抜け、その間の連携が手間取ったのもあり、そのままホームまで生還。ランニングホームランとなってしまう。更に、次のライト飯田のピッチャーゴロを岡本がファーストへ送球エラーし、ランナーを背負う形に。更に3番レフト坂がバントを成功させ、4番センター久木田のピッチャー前の内野安打の間に追加点を奪われ初回から立教は2点のビハインドを追う展開となる。

だが、立教も3回1アウトの場面で星野が死球で出塁、その後の高野もライト前ヒットで続き絶好のチャンスに。バッターは4番成田。更に星野・高野がダブルスチールを成功させチャンスを広げるも成田は三振。その後の田尻もサードフライで倒れ、この回も無得点に終わる。

一方、岡本は2回以降本来のピッチングを取り戻し2本のヒットで法政打線を抑え、チャンスを作らせず味方の援護を待つ。

そして6回、先頭バッター田尻がセンターへテキサスヒットでそのまま二塁へ。そして次の伊藤の当たりはふらふらと高く上がりフライかと思われたが、それをショートがエラー。その後も相手ピッチャーは制球が定まらず、続く柳井にも四球を与えノーアウト満塁のこの試合最大のチャンスを迎える。そしてバッターは岡本。的確にショートへ転がし、その間に田尻は生還。1点を返す。そして次のバッター今井への初球をピッチャーがワイルドピッチし、伊藤が生還。遂に試合を振り出しに戻してこの回を終わる。

そして8回表、立教は代わったピッチャー伊藤から今井がレフト前ツーベースで出塁し続く関口もセンター前へツーベースを打つも法政の好連携で今井はタッチアウト。チャンスを生かせなかった。

試合はこのままお互いチャンスを作れず前回に続き延長戦へ。

そして10回の裏、相手の先頭バッター井出下が粘りを見せ、四球を与えランナーを出してしまう。しかし、次の伊藤にバントをさせず流れは断ち切ったかに思われたが、9番キャッチャー加藤に3球目をレフト前へ運ばれこれがサヨナラヒットとなってしまう。

結果、立教は法政に3対2で惜敗した。

前回引き分けてる法政であっただけに勝ちたかったところ。最終戦を勝利で飾れず立教は春のリーグ戦を1勝2分7敗で終わった。今回、1勝というふがいない成績で終わってしまった。これから秋に向けチームはもう一度それぞれが部活・リーグ戦のあり方について考えていくことが必要だろう。

    打 数 安 打 得 点 打 点 盗 塁 犠 打 四死球 三 振
1関口  3    1    0    0    0    0    1    0
2星野  3    0    0    0    1    0    1    0
3高野  5    2    0    0    0    0    0    0 
4成田  1    0    0    0    0    0    1    1
 森岡  2    0    0    0    0    0    1    0
5田尻  5    2    1    0    0    0    0    0
6伊藤  5    0    1    0    0    0    0    0
7柳井  4    1    0    0    0    0    1    0
8岡本  4    1    0    0    0    0    1    0
9今井  4    1    0    0    0    0    1    0

投手 投球回数 投球数 安 打 三 振 四死球 暴 投 自責点
岡本   10      121     5    7    2    0    3


(集計・記事/藤井真由子)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。