立教大学軟式野球部の試合結果などをお知らせします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月26日 秋季リーグ七回戦、法政との試合を行った。立教が後攻で先発は岡本。
先攻の法政の攻撃、三回の表に7番金子がセンター前へのヒットで出塁し、9番加藤の犠牲バントで二塁まで進塁、五回の表に5番久木田を四球で出塁させ、6番飯田の送りバント、7番金子の犠牲フライで三塁まで進塁、三回も五回も後が続かず点を取ることができない。

後攻立教の攻撃、二回の裏に7番関島が左中間へのツーベースヒットで出塁、五回の裏に8番岡本がレフト前へのヒット、続く9番今井が四球で出塁、1番関口のセカンドゴロで三塁まで進塁、二回も五回も後が続かずに点を取ることはできない。

5回まで両チームともピッチャーが好投し、0対0の緊迫した試合が進む。

六回の表法政の攻撃、9番加藤を四球で出塁させ、1番浅見の送りバント、2番今関のファーストゴロの間に、ランナーが三塁まで進塁し二死三塁。3番坂のセカンドゴロをセカンドがエラー。その間にランナーが還る。4番垣崎は三振で抑えるが、試合終盤に入るところで法政に痛い先制点を与えてしまう。

七回以降、岡本は法政に出塁を許さず、三人で抑える。

七回の裏、法政はピッチャーを伊藤に交代。立教は伊藤にノーヒットに抑えられチャンスを作ることができない。

そのまま両チームとも点を取ることができずに試合終了。1対0で法政の勝利。

立教は最後まで流れを引き寄せることができなかった。特に先制点を取られた後の攻撃は焦りのせいか、自分のペースで打席に立てていなかったようにかんじられた。

残り三試合、実力を出し切り、最後まであきらめずにがんばってほしい。



    打 数 安 打 得 点 打 点 盗 塁 犠 打 四死球 三 振
1関口  1    0    0    0    0    0    3    0
2田尻  3    0    0    0    0    1    0    0
3高野  4    0    0    0    0    0    0    1 
4南野  4    0    1    0    0    2    0    0
5山本  4    0    1    0    0    0    0    1
6三宅  4    0    1    0    0    0    0    2
7関島  3    1    0    0    0    0    0    1
8岡本  3    1    0    0    0    0    0    0
9今井  2    0    0    0    0    0    1    0
 
 
投手 投球回数 投球数 安 打 三 振 四死球 暴 投 自責点
岡本   9     100     1    10    2    0    0

(集計・記事/庄司玲香)
スポンサーサイト
9月21日、秋期リーグ6回戦、法政大学と試合を行った。
立教先攻で、先発は岡本。

立教初回、先頭バッター関口はサードファールフライにうちとられる。しかし2番田尻、4番南野は四球を選び、ツーアウトランナー1,2塁のチャンスをむかえる。続くバッターは、山本。初球を打ち、レフト前に転がるタイムリーヒット。立教が先制する。続く三宅、関島もレフト前にヒットを放ち、三連打で初回に早くも3点を奪う。

1回裏、法政の攻撃。ピッチャー岡本、初回に3点をもらい余裕のあるピッチングを見せるのかと思われたが、先頭バッター浅見を四球で出してしまう。なんとかツーアウト3塁まできたが、4番垣崎のピッチャーフライを自らの落球で3塁ランナーを返してしまう。しかし、初回はこの1点で切り抜ける。

その後、立教は追加点を欲しいところ、法政は何とか追いつきたいところだが、両者ともにランナーを出すがなかなかチャンスを作れない。この均衡を破ったのは法政の5回攻撃。岡本は、難なくツーアウトまでとるが、1番浅見にセンター前ヒットを打たれる。続くバッター今関の打球、打ち取ったかと思われたがショート南野がファーストへの悪送球。ランナー2、3塁のピンチ。バッターは、3番坂。岡本の3球目をセンターに放ち、同点のタイムリーヒットとなってしまう。岡本はこれに動揺したのか、続くバッター垣崎に初球をレフト越えのホームランを打たれてしまう。あっという間に試合がひっくり返されてしまった。

その後、8回に1点はかえすものの、法政の小刻みな継投に抑えられ、勝利を飾ることはできなかった。

ヒット数はほぼ同じ。四死球を7つももらったのにそのチャンスを生かせなかったこと、エラーが結果的に得点に絡んでしまったことが敗因だろう。あと後半戦4試合あきらめずにがんばって欲しい。



    打 数 安 打 得 点 打 点 盗 塁 犠 打 四死球 三 振
1関口  5    1    0    0    0    0    0    0
2田尻  5    0    1    0    0    3    1    0
3高野  5    0    0    0    1    2    0    0 
4南野  5    0    1    0    0    2    1    0
5山本  4    1    1    1    0    0    0    0
6三宅  4    3    1    1    0    0    0    0
7関島  4    1    0    1    0    0    2    0
8岡本  4    0    0    1    0    0    0    1
9今井  3    0    0    0    0    0    1    0
 須田  1    0    0    0    0    0    1

 
投手 投球回数 投球数 安 打 三 振 四死球 暴 投 自責点
岡本   8     128     7    0    4    0    0
(記事・集計/河合涼子)
19日、明治と第5戦目を戦った。雨の影響で試合が延期になってしまったが、これが吉と出たのか凶と出たのか…

立教後攻で、先発投手は5戦連続で岡本。初回からいつもより慎重なピッチングを見せ、得点を与える隙を見せない。すると、2回の裏、1アウトの場面でこの日レフトで先発に起用された1年の三宅がライトの頭上を越えるツーベースヒットで出塁。一気にチャンスを無駆る。すると、続く関島がレフト前タイムリーを打ち、立教は待望の先制点を奪う。更に、3回、1アウトで田尻がレフト前ヒットで出塁すると、今度は高野がレフト前のツーベースで続く。そしてバッターは4番の南野。きっちりショート前へ転がし、リードを2点に広げる。

一方、立教は6回までヒットを1本に抑え、完全に明治打線を封じ込めていたかに見えたが、7回1アウト取ったところで代打の中鉢にセンター越えのスリーベースヒットを打たれてしまい、一気にピンチを迎えてしまう。しかし、次のバッターのセカンド芦田をセカンドフライに打ち取り、ピンチを脱しかに見えたが、続くサードの廣田の打球をサードがエラーし、この間に1点返されてしまう。しかし、その後はピンチらしいピンチを与えずに9回まで明治打線を1点に沈め、立教は2対1で明治に勝利した。

前回の東大戦は、主力である関島、高野がいない中での厳しい戦いとなってしまったが、今回はしっかりベストメンバーをそろえることが出来た。また、課題だった先制点を奪取し、その後をしっかり守れて1点で抑えられたのも勝因の一つだろう。また、岡本はこの試合で課題の四死球を1つしか出さなかったことで、不用意なランナーを出さずに済んだことも勝利への重要なポイントだった。立教はこの試合に勝利したことによって2勝2敗1分で2位に浮上。これからも打線は先制点、守備は四死球からの投球の2つをキーポイントに粘り強く上位を狙っていきたいところだ。

    打 数 安 打 得 点 打 点 盗 塁 犠 打 四死球 三 振
1関口  4    0    0    0    0    0    0    0
2田尻  3    1    1    0    0    0    1    0
3高野  2    1    0    0    0    1    1    0 
4南野  3    0    0    1    0    0    1    0
5山本  4    1    0    0    0    0    0    0
6三宅  4    1    1    0    0    0    0    0
7関島  4    1    0    1    0    0    0    0
8岡本  3    0    0    0    0    0    0    1
9今井  3    0    0    0    0    0    0    0


 
投手 投球回数 投球数 安 打 三 振 四死球 暴 投 自責点
岡本   9     112     4    6    1    0    0

(記事・集計/藤井真由子)
9月11日、戸田市営球場にて秋季リーグ戦4回戦、東大と試合を行った。
先攻は立教で、先発ピッチャーは岡本。

初回、先頭バッター関口が四球を選び出塁すると、2番田尻が初球でバントをきめチャンスを作る。しかしあとが続かず、点をとることができない。その後も東大先発ピッチャー韮塚の好投に手が出ず、チャンスを作ることができない。

一方、岡本も好投を見せる。しかし3回裏、この回先頭バッターだった7番栄村をショートゴロに抑えるも、8番中野に右中間へ大きなあたりを持っていかれてしまう。あわやスリーベースと思われた打球であったが、ライト山本の好返球によりタッチアウト。ここで立教に流れが変わると思われた。

しかしすぐの4回裏立教はピンチを迎える。3番中原にライト前ヒットを許すと、ピッチャー岡本、ファースト山川のエラーが続き満塁に。さらにキャッチャー飯田のエラーが重なり東大に先制点を与えてしまう。ここで流れを断ち切りたい立教であったが、7番栄村にレフト前へ運ばれ、その間に2人が生還。結局この回東大に3点を奪われることとなった。

その後5回裏にも2番本間を四球で出塁させると、ピッチャー岡本、ショート南野のエラーが絡み追加点を与えてしまう。

立教にチャンスが訪れたのは8回表。7回から山川に変わった7番ライト三宅が初球を左中間に運び出塁すると、ワイルドピッチ、9番今井のバントにより3塁まで進塁する。2アウトながら1番関口に戻るという好打順の立教であったが、関口はセンターフライに倒れ、チャンスをものにすることができない。

そして9回表先頭バッター田尻がレフト前ヒットで出塁するも、結局この日好投を見せた韮塚に最後まで立教打線は抑えられ、0対4で試合は終了した。

立教も東大もヒット数は4本と同じ。しかし今回立教はエラーが目立った。雨や台風で練習ができなかったのもあるが、それはどの大学にも言えることである。次は前回引き分けた慶應とである。今回のこの嫌な流れを払拭し、次こそ勝利して欲しい。




    打 数 安 打 得 点 打 点 盗 塁 犠 打 四死球 三 振
1関口  2    0    0    0    0    0    2    0
2田尻  2    1    0    0    0    1    1    0
3山本  4    0    0    1    0    0    0    1 
4南野  4    0    0    0    0    0    0    0
5須田  4    1    0    0    0    0    0    1
6飯田  3    1    0    0    0    0    0    0
7山川  2    0    0    0    0    0    0    0
 三宅  1    1    0    0    0    0    0    0
8岡本  3    0    0    0    0    0    0    2
9今井  2    1    0    0    0    1    0    1


 
投手 投球回数 投球数 安 打 三 振 四死球 暴 投 自責点
岡本   7     116     4    2    4    1    0
森    1     13      0    1    0    0    0

(記事・集計/酒井友代)
8月31日、戸田市営球場で慶應と第3試合を行った。
先攻は立教で先発は岡本。
これで3連投となる岡本だが、果たして強力な慶應打線を抑えることは出来たのだろうか。

初回から岡本は2番センター中村(光)に散々粘られた末に四球を与え、ヒヤリとさせるもキャッチャー関島がファーストランナーを刺す好プレーでピッチャーを助ける。
更に2回、前回の春季リーグ戦でタイトルを総なめにした中村(与)に右中間に大きな当たりを持っていかれるも、次の打者のキャッチャー西尾のバントを岡本がセカンドへ送球し、好判断を見せピンチを防いだ。

しかし、4回、セカンドエラーから2番中村(光)を出してしまうと、その後村井にレフトへ打たれるもファーストの牽制の間にランナーを挟みアウトに追い込む。このプレーで立教は流れを引き寄せたかに見えたが、またもや4番の中村(与)にレフトの前に落とされ、その打球をレフトが逸らしてしまい、そのままツーベースタイムリーとなってしまい、慶應に1点を先制されてしまう。

立教は芦谷の前に点を奪えず苦戦するが、8回に先頭打者の関口がセンター前ヒットを打つと、その打球を相手センターがエラー。そのまま三塁まで進塁し、チャンスを作る。そして3番フ高野がライト前タイムリーをきっちり打つと立教はすかさず追いつく。しかし、ここでランナーとして出てた高野が太ももを痛めてしまい、そのままベンチに下がってしまう。

そこからは岡本が四死球でランナーを出すもヒットは打たせずチャンスを広げさせないピッチングを続け、流れは段々立教へ来る。
そして9回表、この回先頭打者の関島がレフト越えのツーベースヒットで出塁すると、星野がしっかりバントを決めランナーを進める。しかしチャンスを広げられず、試合は延長へ突入。

しかし、延長10回、変わった相手ピッチャー北岡がいきなり関口に死球を与え、その後の田尻がしっかりバントを決め関口は二塁へ。すると、この日4番になった南野がセカンドへ転がし内野安打とすると更にその打球をセカンドがエラーし、その間に関口はホームへ生還。遂に立教は逆転に成功する。

ここで抑えて勝利を収めたかったところだが、この回先頭打者の宮嶋にレフトへツーベースを打たれ、ピンチを迎えてしまう。しかし、その後の加藤、村井を抑えて残りアウトカウント1つというところで迎えるバッターは今日猛打賞の中村(与)。ここで立教は中村(与)と勝負。岡本の2球目を中村は打ち損ねピッチャーフライかと思われたが、それを岡本が落球。同点に追いつかれてしまう。

この後もお互いチャンスを生かせず。
延長11回までおこなわれた激戦は2対2の引き分けに終わった。

春では、全勝で優勝を決めた慶應。その慶應と引き分けたことは非常に自信に繋がっただろう。しかし、もう1点取れるチャンスがあったのも確か。強力な打線を相手によく抑えられていただけに、勝ちに繋げたかった。この引き分けを春のように連敗につなげないように、次の試合を粘り強く勝って上位に食らいついていくことが重要だ。


    打 数 安 打 得 点 打 点 盗 塁 犠 打 四死球 三 振
1関口  4    1    2    0    0    0    1    2
2田尻  4    0    0    0    0    1    0    0
3高野  4    1    0    1    0    0    0    0 
 山川  1    0    0    0    0    0    0    1
4南野  5    1    0    0    0    0    0    0
5山本  4    0    0    0    0    0    1    1
6関島  5    2    0    0    0    0    0    0
7星野  2    0    0    0    0    2    0    0
 新熊  1    0    0    0    0    0    0    1
8岡本  3    0    0    0    0    0    2    0
9今井  4    1    0    0    0    0    1    0


 
投手 投球回数 投球数 安 打 三 振 四死球 暴 投 自責点
岡本   11      156     6    2    7    0    0

(集計・記事/藤井真由子)
8月29日 対 早稲田大学  
立教が先攻  先発 立教:岡本 早稲田:西山

一回の表立教の攻撃、一番関口が右中間へのヒットで出塁。二番田尻が初球でバントを決め、一死二塁とし先取点のチャンスを迎える。しかし後が続かず点を取ることができない。

二回の表、三番山本がライト前ヒットで出塁。五番須田が初球にバントを決め、この回も一死二塁のチャンスを迎えるが、またしても後が続かずに点を取ることができない。

二回の裏早稲田の攻撃、先頭の四番安達を四球で出塁させ、五番中山がバントで送り、六番原がレフト前へのポテンヒット、七番鈴木が四球で出塁して一死満塁のピンチを迎える。八番清水が二球目を空振りし、飛び出した三塁走者をアウトにする。八番清水もセカンドフライに抑えピンチを脱する。

四回の表、二番高野が右中間へのヒット、四番南野がファーストへの内野安打で無死一二塁。走者を二三塁まで進塁させるが点を取ることはできない。

四回の裏、先頭の三番梅木に本塁打を打たれ、早稲田に先取点を取られてしまう。

六回の表、四番南野がレフト前、六番須田がライト前に打ち、二死一三塁のチャンスをつくるが点を取ることはできない。

八回の裏、四球で出塁させた走者がキャッチャーのファーストへの悪送球とピッチャーの暴投で早稲田に追加点を与えてしまう。

立教は七回、八回、九回は三人で抑えられ点を取ることができずに、0対2で試合終了。

立教はヒット6本、それ対して早稲田はヒット3本。完璧に打たれたのは梅木の本塁打のみであった。守備の面では多少のミスはあったが、二点に抑えたのは上出来だったのではないだろうか。試合内容としてほうがヒットの数、得点のチャンスも多い立教のほうが押していた。しかし得点圏まで走者を進めるが決定打を打つことがで
きなった。

まだまだリーグ戦は始まったばかり。切り替えてまた次の試合に挑んでほしい。



    打 数 安 打 得 点 打 点 盗 塁 犠 打 四死球 三 振
1関口  4    1    0    1    0    0    0    0
2田尻  3    0    0    0    1    0    0    1
3高野  4    1    0    0    0    0    0    1 
4南野  4    2    0    0    0    0    0    0
5山本  4    1    0    0    0    0    0    1
6須田  3    1    0    0    0    1    0    0
7岡本  3    0    0    0    0    0    0    0
 三宅  1    0    0    0    0    0    0    0
8柳井  2    0    0    0    0    0    0    0
 関島  1    0    0    0    0    0    0    0
9今井  2    0    0    0    0    0    1    0


 
投手 投球回数 投球数 安 打 三 振 四死球 暴 投 自責点
岡本   8      113     3    5    5    1    1

(記事・集計/庄司玲香)


8月24日、秋季リーグ初戦、東京大学と試合を行った。
東大先攻で立教のピッチャーは、岡本。

初回、ピッチャー岡本はいきなり先頭打者妹尾を四球。いやな雰囲気が漂うかと思われた。しかし、緒方の2球目に走ったファーストランナー妹尾をキャッチャー関島がセカンドへ好送球し、タッチアウト。このプレーが岡本、またはナインを勇気付けた。その後、1、2回を無失点で切り抜ける。

立教に最初のチャンスが来たのは2回ツーアウト。バッターは6番、先ほど好送球を見せた関島。ショート強襲のヒットかと思われたが、エラーでの出塁。次の前田は四球を選び、1、2塁とチャンスは広がる。続くバッターは8番岡本。自らを助けるツーベースヒットを打ち、2点を先制。なおもチャンスではあったが、9番今井はライトフライに終わる。

5回、東大の攻撃。初回と同じく岡本は、先頭打者野尻を四球で出す。すかさず東大は代走本間を起用し、足で動かそうとする。しかし、バッター韮塚の2球目に走った本間をまたもキャッチャー関島の好送球で盗塁を阻止。ピッチャー岡本を肩で助ける。

その裏の攻撃、またも立教にチャンスがやってくる。1アウト、バッター関口は四球を選び、次の田尻はライト前ヒットで1、3塁とチャンスを広げる。次の高野は、ピッチャー韮塚のフィルダースチョイスを誘い満塁かと思われたが、サードランナー関口が飛び出し、それがピッチャーのサードへの悪送球を生み、関口は生還。なおその間、田尻、高野は共に進塁し、1アウト2、3塁のチャンスは続く。次のバッターは、4番南野。右中間を破るスリーベースヒットで2点を追加。ベンチも盛り上がる。次のバッターは、リーグ戦初スタメンの山本。ピッチャー韮塚の2球目を振り抜き、レフトを越えるタイムリーツーベースヒット。この回、4点を奪う猛攻となった。

6回、東大の攻撃。ここまで3安打4三振と好投を見せてきた岡本に疲れが出てきたのか。ショート南野のエラーをきっかけに2点を奪われる。8回は自らのエラーもからみ2点を奪われる。徐々に東大も点を重ね、点差か縮まってくる。攻撃陣も6回以降は、ピッチャー韮塚に変わった服部に対しバットは沈黙。

そんな中、2点リードで9回を迎える。ツーアウトまで難なく抑えるが、バッター妹尾にサード内野安打。続く緒方にはきれいなセンター前ヒット。ランナー1、2塁のピンチを迎える。しかし、力を振り絞って投げた141球目、ショートへのゴロでセカンドへとボールがわたり試合終了。

6対4と初戦を勝利で飾った。毎回初戦は勝つがその後が続かないというようなジンクスを払拭し、29日の早稲田戦も勝利で飾りたい。



    打 数 安 打 得 点 打 点 盗 塁 犠 打 四死球 三 振
1関口  1    0    1    0    1    0    3    1
2田尻  4    1    1    0    0    0    0    1
3高野  4    0    1    0    0    0    0    0 
4南野  4    1    1    2    0    0    0    1
5山本  4    1    0    1    0    0    0    1
6関島  4    1    1    0    0    0    0    0
7前田  1    0    1    0    0    1    1    0
 須田  0    0    0    0    0    1    0    0
8岡本  4    1    0    2    0    0    0    0
9今井  3    0    0    0    0    0    0    1
 飯田  1    0    0    0    0    0    0    0



投手 投球回数 投球数 安 打 三 振 四死球 暴 投 自責点
岡本   9      141     8    7    4    1    2

(記事・集計/河合涼子)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。