立教大学軟式野球部の試合結果などをお知らせします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月16日、秋季リーグ戦9回戦、戸田市営球場にて明治と試合を行った。

立教先行で、先発はリーグ戦初先発となる1年の森。
しかし森は初回から苦しい展開を迎えることとなる。先頭バッター竹林に四球を許すと、2番岡澤にバント、3番川原にレフト前へのヒットを許し1アウト1,3塁とされてしまう。ここで流れを断ち切りたいところであったが、エラーや5番桐野のライト前ヒットが重なり、この回2点を奪われてしまう。その後も森は明治の好調打線に捕まり、さらにエラーなども絡んで、結局5回までに6点というビハインドを背負う形となる。

一方立教は3回、9番前田がエラーで出塁するとすかさず盗塁を決め2塁まで出塁する。さらに続くバッター1番関口の死球、2番田尻のサードへの絶妙な内野安打により満塁のチャンスを作る。しかし後が続かず明治先発楠山に抑えられ点を奪うことはできない。その後も楠山の好投が続き、立教打線は抑えられてしまう。

6回裏。森に変わって岡本がマウンドに上がる。岡本は6回を三者凡退、7,8回は走者を出すものの要所を締めたピッチングで明治に追加点を取る隙を与えなかった。

なんとか1点を返したい立教では、8、9回と走者を出すものの楠山の好投に手が出ず、結局6対0で試合は終了した。

次は秋季リーグ戦最終戦である。この悪い流れを断ち切って、最終戦は勝利を飾ってほしい。




    打 数 安 打 得 点 打 点 盗 塁 犠 打 四死球 三 振
1関口  3    1    0    0    1    0    1    1
2田尻  4    1    0    0    0    0    0    2
3高野  3    0    0    0    0    0    0    1 
 森岡  1    0    0    0    0    0    0    1
4三宅  3    0    0    0    0    0    0    1
 須田  1    0    0    0    0    0    0    0
5南野  4    2    0    0    0    0    0    0
6山本  4    0    0    0    0    0    0    1
7森   2    0    0    0    0    0    0    0
 岡本  1    0    0    0    0    0    0    0
8今井  3    0    0    0    0    0    0    3
9前田  3    0    0    0    1    0    0    0
 
 
投手 投球回数 投球数 安 打 三 振 四死球 暴 投 自責点
森    5     91     7     1    2     2    1
岡本  3     51     2     4    1     0    0

(集計・記事/酒井友代)
スポンサーサイト
3日、町田市営球場にて慶應と戦った。
この試合に負けると立教の東日本大会出場は絶望的。
ここで必死に上位についていくことが出来るのか?

初回から岡本は慶應の強力打線相手にリズムよくアウトを取っていく。ヒットは打たれるも課題の四球を5回まで1つも出さず、丁寧なピッチングを見せる。
しかし、立教も今季初先発の中村(与)の前に粘りを見せることが出来ない。ヒットは出てチャンスは何度か作るものの、点に結び付けさせない中村の要所を抑えたピッチングを捉えることが出来ない。

ここからは息を呑むような投手戦に入る。

岡本がランナーを出すもの得点を与えさせない気迫のピッチングを見せると、中村も負けじと制球の定まったボールで立教を打ち取っていく。
点が取れそうで取れない両校の戦いが続く。

そして試合は得点が入らないまま、前回と同じく延長戦に入った。
10回表、難なく2アウトを取った岡本だったが2番ライト黒川にストレートで四球を与えてから崩れ始める。続く村井がライト前で続くと4番中村にも四球と満塁のピンチを迎える。相手バッターは5番キャッチャー望月。初球をセンター前へ運ばれ、遂に緊迫の投手戦を打ち破る1点が慶應入ってしまう。
そして立教の攻撃。ここで慶應はピッチャーを芦谷に変える。ここでしぶとく食らいついていきたいところだったが最後の粘りを見せることが出来ず。

立教は1対0で慶應に惜敗した。

これで東日本大会への出場が絶望的となってしまった立教。

しかし、まだ2試合残っている。せめて上位に食い込んでいくためにも、数少ないチャンスで点を取る方法をもっと考えていかなくてはいけない。ランナーは出ている。チャンスもある。ランナーをホームに返すということを全員がもっと意識し、1点を大切に戦っていく必要があるだろう。今回はベストメンバーではなかったが、守りに関してはエラーもなく素晴らしい出来だったのではないだろうか。このリズムを忘れず、次回に臨んで欲しい。


    打 数 安 打 得 点 打 点 盗 塁 犠 打 四死球 三 振
1関口  4    0    0    0    0    0    3    0
2田尻  4    0    0    0    0    1    0    0
3高野  4    0    0    0    0    0    0    1 
4南野  4    1    1    0    0    2    0    0
5三宅  4    1    1    0    0    0    0    1
6山本  4    1    1    0    0    0    0    0
7岡本  3    1    0    0    0    0    0    0
 森   1    0    0    0    0    0    0    0
8今井  3    1    0    0    0    0    0    0
 森岡  1    0    0    0    0    0    0    2
9前田  3    2    0    0    0    0    1    0
 
 
投手 投球回数 投球数 安 打 三 振 四死球 暴 投 自責点
岡本   10     139     5    8    5    1    1

(集計・記事/藤井真由子)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。