立教大学軟式野球部の試合結果などをお知らせします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月19日、早稲田と試合を行った。
この試合で今年のリーグ戦も終わりを迎える。ここまで2勝となかなか結果を残せない立教は、ここで勝って今年を締めくくることが出来るのか。立教の先発は岡本、対する早稲田の先発は西山で試合はスタートした。
先にチャンスが訪れたのは後攻の立教。3回裏、先頭バッターのいまいがセカンドへの内野安打で出塁すると、続くキャッチャー田尻もショートの内野安打。更に関口のピッチャー前ゴロを相手ピッチャーがエラー。一気にノーアウト満塁という絶好のチャンスを作る。ここで高野がファーストフライで討ち取られてしまうも、次の須田がきっちりゴロを転がし、今井がホームへ生還。1点を先制する。立教の攻撃はここで終わらない。この日4番に入った山本のセンターの頭上を越える大きなタイムリーで一気に2人が返り、リードを3点に広げる。早稲田は、この山本の打球でレフトの前川が負傷退場してしまう。
岡本も何とか持ちこたえていくも、6回に遂に早稲田打線につかまってしまう。先頭バッターのピッチャー西山に右中間を破るヒットを打たれ、ランナーを許すとショート東にも左中間へ運ばれ、更にライト原のピッチャーゴロをエラー。一気にノーアウト満塁のピンチを迎えてしまう。ここで早稲田は代打に大矢を送ってくるが、大矢の打球はファーストに転がりホームでタッチアウト。1つピンチをしのいだ。しかし、ここで安心したのか次のサード清水に右中間を大きく破るタイムリースリーベースを打たれ、一気に試合を振り出しに戻されてしまう。
しかし、いつもの立教だったら粘り負けてしまうが今日はここであきらめなかった。7回に相手ピッチャーが西山から河合に代わると、先頭バッターの岡本のサードゴロを相手がエラー、続く今井がしっかり送ると、田尻も四球を選択、更にその後関口、高野も四球を選び、立教は押し出しで1点をリードした。その後相手ピッチャーの暴投もあり、2点リードを迎えたところでバッターはこの日3安打と当たっている山本。カウント0-2からレフトへ大きく上がった打球は3ランホームラン。立教はこの回だけで5点をあげ、早稲田を8対3と大きくリードする。
援護をもらった岡本は、7回以降全くランナーを出さない気迫のピッチングで5つの三振を奪うなど早稲田打線を完璧に封じ込めた。このまま試合は終了し、立教が8対3と早稲田に完勝した。
この秋の集大成となった今日の試合。試合が始まる時に集まっていた選手はたった11人だった。しかし、これが逆に選手の気持ちをまとめるきっかけになり、今までにないチームワークを感じたように思う。
立教には守れる選手もいるし、良いバッターもいる。
だからこそチームワークが最大のポイントになっていく。このリーグ戦を通して、2年が何かを学び、次に生かせるようにしなくてはいけない。そして、立教が最下位から脱出し、東日本大会、全国大会と戦ってゆけるチームを作っていく必要がある。今、最下位が定ポジションとならないように、頑張っていこうという意識がある。立教らしい楽しく皆で仲の良い野球を忘れず、やっていけば結果はついてくるだろう。来年また良い報告が出来るように練習を積み重ねていこうと思う。

☆2007年秋季リーグ戦順位☆
優勝早稲田 2位慶應 3位法政 4位明治 5位立教・東大


    打 数 安 打 得 点 打 点 盗 塁 犠 打 四死球 三 振
1関口  3    0    2    0    0    0    1    0
2田尻  3    0    1    0    0    0    1    0
3高野  4    1    0    1    0    0    0    0 
4山本  4    4    1    5    0    0    0    0
5前田  3    0    0    0    1    1    0    0
 竹谷  0    0    0    0    0    0    0    0
6荘司  4    0    0    0    0    0    0    2
 中澤  0    0    0    0    0    0    0    0
7岡本  4    0    1    0    0    0    0    0
8今井  3    1    1    0    0    0    0    0
9田尻  3    1    2    0    1    0    1    0

(集計・記事/藤井真由子)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。