立教大学軟式野球部の試合結果などをお知らせします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1  2  3  4  5  6  7  8  9  計
立教 0  0  0  1  0  0  0  0  0   1
法政 1  1  4  0  2  3  0  0  ×  11

5月22日、法政大学との試合は1対11で立教の敗戦。

立教は1回裏、1番清水を四球で出塁させる。さらに2番加藤の1球目に盗塁を許し、その後バントを決められ1アウト3塁とされると、4番垣崎にツーベースヒットを打たれ1点先制されてしまう。
さらに2回にも法政に1点追加され、3回裏。4番垣崎、続く5番葛西に四球を許し、ここでピッチャーが岡本に交代する。しかし四球やワイルドピッチなどが絡み、さらに8番伊藤にレフト前ヒットを許すなどし、この回一挙4点を奪われてしまう。

点が欲しい立教は4回表、2番南野が打った球をキャッチャー川津が送球エラーする際に2塁まで出塁すると、さらに5番山本の打った球をピッチャー伊藤が送球エラー。その間に1点を返す。

4回裏から立教はピッチャー三宅に交代。しかし法政の勢いをとめることはできず、5回裏に2点、さらに6回裏に3点追加されてしまう。

何とか追いつきたい立教は8回表、2つの四球と7回裏から変わった4番新熊のレフト前ヒットにより満塁にするもあと1本を出すことができない。9回表も3人で抑えられ試合は終了した。




      打数  安打  得点  打点  盗塁  犠打  四死球  三振
1関口   4    0    0    0    0    0    0     3
2高野   3    0    0    0    0    0    0     0
 山川   0    0    0    0    0    0    1     0
3南野   3    0    1    0    0    0    0     1  
4山本   3    0    0    0    0    0    0     2
 新熊   1    1    0    0    0    0    0     0
5三宅   4    1    0    0    0    0    0     1
6竹谷   1    0    0    0    0    0    0     0   
 岡本   1    0    0    0    0    0    0     0
 森岡   1    0    0    0    0    1    0     0
7長谷   4    1    0    0    0    0    0     0
8須田   3    0    0    0    1    0    1     0 
9丹野   4    0    0    0    0    0    0     0

投手  投球回数  投球数  安打  三振  四死球  暴投  自責点
竹谷     2      55     1    0     7    0     4
岡本     1      20     2    2     1    2     2
三宅     5      76     5    1     3    0     3


(記事/酒井 友代)
スポンサーサイト
    1  2  3  4  5  6  7  8  9  計
立教 0  0  0  0  0  0  0  0  0   0
慶應 0  0  0  4  1  0  0  0  ×   8

9日慶應と試合、0対8で敗戦。

慶應の攻撃は四回の裏、一番大束を四球で出塁させる。二番中道への二球目に一塁走者に盗塁を許し、中道はスリーバントに抑える。三番望月も四球で出塁をさせる。四番村井がレフトへのヒット。その間に二塁走者の大束がホームに還る。五番直田にホームラン打たれ、この回4点を奪われてしまう。
五回の裏、八番竹内がセンター前へのヒット、九番黒川がバントで送る。二番中道に右中間への三塁打を打たれ、その間にランナーが還る。この回1点追加点をとられてしまう。
八回の裏、ピッチャーが中澤と交代する。一番大束を四球で出塁させる。二番中道への二球目を暴投で進塁を許し、中道のバントをピッチャー中澤がファーストへのが悪送球、その間にランナーが還る。三番望月のバントもエラーで出塁させてしまう。四番村井のサードゴロをホームへ悪送球。その間にランナーが二人還る。この回3点をとられてしまう。

立教はの攻撃は二回表、五番長谷が四球で出塁する。六番岡本が守備妨害でアウトになる。七番関島も死球で出塁する。八番山本のサードゴロで二死二三塁。九番丹野がセカンドゴロに倒れ点を取ることはできない。
六回表、二番高野が四球で出塁する。三番南野の二球目に高野が盗塁、五球目にパスボールで進塁、南野は三振。四番竹谷への二球目を竹谷が空振り、ランナーが飛び出しアウトになる。竹谷はセンター前ヒットで出塁。五番長谷はサードゴロに倒れる。
最終回、代打須田がサードゴロ、五番長谷がファーストへのファールフライに倒れる。六番岡本がレフト線への二塁打で出塁。代打森岡がセンターフライに倒れ試合終了。


      打数  安打  得点  打点  盗塁  犠打  四死球  三振
1関口   2    0    0    0    0    0    2     1
2高野   2    0    0    0    1    0    2     1
3南野   3    0    0    0    1    0    1     1  
4竹谷   3    1    0    0    0    0    0     1
 須田   1    0    0    0    0    0    0     0
5長谷   3    0    0    0    0    0    1     1
6岡本   3    1    0    0    0    0    0     0   
7関島   2    0    0    0    0    0    1     1  
 森岡   1    0    0    0    0    0    0     0
8山本   3    0    0    0    0    0    0     1 
9丹野   2    0    0    0    0    0    1     0

投手  投球回数  投球数  安打  三振  四死球  暴投  自責点
岡本    9      115   4    6     2    1     5
中澤    0       15   0    0     1    1     0

(記事/庄司玲香)
    1  2  3  4  5  6  7  8  9  計
慶應 0  0  0  0  0  1  0  0  0   1
立教 0  0  0  1  0  0  1  0  ×   2

7日、快晴な青空の下、立教は慶應と今季6試合目を戦った。2勝3敗と後がない状況の中で、どのような戦いが出来るか。立教は今季初先発の2年長谷を先発に起用するなど、オーダーを変えて臨んだ。
試合が動いたのは4回裏。先頭の岡本が左中間を抜く2ベースを打ち、その間の相手のエラーも重なって一気に3塁へ。続く関島のきっちり犠牲フライを決め、1点を先制する。
しかし、6回表1アウトの場面で、大谷津に内野安打を許すと、次の中道のピッチャーゴロを岡本が送球エラー。相手バッター4番の村井のセカンドゴロを長谷がホームへ投げるもランナーは生還し、1点を返され、試合は振り出しに戻ってしまう。
その後、岡本はテンポの良いピッチングを取り戻し、9回までのこの1点で抑える。
なんとか応えたい打線は7回裏、先頭の丹野がレフと前ヒットで出塁すると、盗塁を成功。続く関口もバントを決め、ランナーは3塁へ。一気にチャンスを広げる。そしてバッターは高野。見事エンドランを成功させ、これが決勝点となる。
結果、立教は慶應に2対1で勝利した。

      打数  安打  得点  打点  盗塁  犠打  四死球  三振
1関口   3    2    0    0    1    1    0     0
2高野   3    0    0    1    1    0    1     0
3南野   4    0    0    0    0    0    0     2  
4三宅   3    0    0    0    0    0    1     1
5竹谷   3    1    0    0    0    0    0     1
 山川   1    0    0    0    0    0    0     1   
6長谷   4    1    0    0    1    0    0     0
7岡本   3    2    1    0    0    0    0     0
8関島   2    0    0    1    0    1    0     1 
9丹野   3    1    1    0    1    0    0     0

投手  投球回数  投球数  安打  三振  四死球  暴投  自責点
岡本    9      129   6    9     2    0     0


(記事/藤井真由子)
4月28日、明治大学と試合を行った。

立教は後攻で、先発は岡本。対して、明治大学の先発は蘆田。

立教は初回、先頭バッター南野、そして続く関口が連続で四球を選び出塁する。3番三宅は三振で倒れるも、4番竹谷がライト前にヒットを打ち、1アウト満塁という絶好のチャンスを迎える。しかし、あとが続かない。5番山本が三振、続く山川がセンターフライに倒れ、チャンスをものにすることができなかった。

その後も明治先発蘆田の好投に手が出ず、立教はなかなか出塁することができない。

一方、立教先発岡本も好投を見せる。さらにファース山川がファールフライをファインプレーでキャッチするなど守備にも助けられ、6回まで一人も走者を出さないピッチングが続いた。

先制点を奪いたい立教は6回、1アウトから2番関口がセンター前にヒットを打ち出塁するも、やはりあとが続かず点に繋がらない。

試合が動いたのは7回、明治の攻撃。先頭バッター岡澤に左中間ヒットを、続く2番大西にバントを決められ、1アウト2塁とされてしまうと、3番加藤を三振に打ち取るも、4番中鉢にレフトへホームランを打たれ一気に2点を奪われてしまう。その後はあとが続かなかったが、この回明治に先制されてしまった。

なんとか逆転したい立教ではあったが、この日最後まで好投を見せた蘆田に押さえ込まれ逆転することはできなかった。


    1  2  3  4  5  6  7  8  9  計
明治 0  0  0  0  0  2  0  0  0  2
立教 0  0  0  0  0  0  0  0  0  0

      打数  安打  得点  打点  盗塁  犠打  四死球  三振
1南野   3    0    0    0    1    0    1     1
2関口   3    1    0    0    0    0    1     0
3三宅   4    0    0    0    0    0    0     1  
4竹谷   3    1    0    0    0    0    0     0
5山本   3    0    0    0    0    0    0     1
6山川   3    0    0    0    0    0    0     0
7高野   3    0    0    0    0    0    0     0
8岡本   3    0    0    0    0    0    0     0 
9丹野   3    0    0    0    0    0    0     0

投手  投球回数  投球数  安打  三振  四死球  暴投  自責点
岡本    9      102   3    10    2    0     2

(記事/酒井 友代)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。