立教大学軟式野球部の試合結果などをお知らせします!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
16日、リーグ戦前最後の練習試合を行った。相手は東日本大会で優勝した中央大学。

中央先攻で、先発は岡本。
初回、昨日今日と連投の疲れが見える岡本が四球でランナーを出すと4番の元谷にセンターへ二塁打を、そして5番の村田にもセンターへタイムリーを打たれ先制を許す。ここで2失点かと思われたが、主将関口の素早い華麗な送球によってホームでタッチアウトに刺し、1点に抑える。
しかし4回、初回にタイムリーを打たれた村田に、またもや左中間に運ばれランナーを許すと、次の打者に死球を与え満塁に。その後の7番畑田をピッチャー前に打ち取ったかに見えたが、この日初めてセカンドに入った伊藤と岡本の息が合わず。結果、中央に2点を許してしまう。

その後も、岡本は四死球などでランナーを出しながらも何とか切り抜けていったが、8回2アウトでまたもや死球を与え降板。後を竹谷が継ぐ。
しかし流れが切れず、ファーストのエラーで6番田村を出塁させると、ピッチャーが牽制球を反らし2塁へ、更にワイルドピッチで3塁まで進ませてしまい、次の打者もサードのエラーで出塁を許し、追加点を与えてしまった。

一方、立教のチャンスは2回裏。先頭打者の関島がライト前へヒットを打ち出塁。しかし、その後バント失敗からダブルプレーに倒れ、得点機会を潰してしまう。立教はその後9回を通して、山川のレフト前ヒットと関口のセーフティバントのみに抑えられ、得点を奪えなかった。
結果、立教は4対0で中央に敗北した。
今日はさすがに2連投で疲れの見えた岡本。しかし、この何試合かの練習試合を通して、やはりエースの風格を見せ付けていたと言えるだろう。もちろん、ここで怪我から復活した竹谷も頼もしい存在だ。ここ数年課題だったピッチャーに関してはこの2人を柱にしていけば、リーグ戦に向けて問題はない。

課題はやはりバッティング。全体的にフライをあげてしまうパターンが多いので叩き付けるバッティングを徹底していかなくてはいけないし、1つ1つの打席をもっと大切にしていかなくてはいけない。また、相手と顕著に出た課題の1つはバント。全員がいつどんな状況でも確実にバントを決められるようにならなくてはいけない。もう1つは活気。今日は中央大学の活気に圧倒されていたところが否めないだろう。立教も、今日の反省を生かして内野・外野共々お互いを盛り上げる為にも”声を出す”という基本をもう一度考えさせられた試合となった。

2月から始動し、練習を重ねてきたが、もう月曜からの4泊5日の合宿を終えるとリーグ戦はすぐそこに迫っている。合宿は集大成。自分たちの課題と正面から向き合い、練習試合をさせていただいたチームから得たものを生かしていくことが大切だろう。そして春のリーグ戦で爆発してもらうことを心より期待している。


    打 数 安 打 得 点 打 点 盗 塁 犠 打 四死球 三 振
1関口  3    1    0    0    1    0    1    0
2田尻  3    0    0    0    0    0    1    0
3新熊  3    0    0    0    1    0    0    0 
 星野  1    0    0    0    0    0    0    0
4岡本  3    0    0    0    0    0    0    0
 竹谷  1    0    0    0    0    0    0    0
5関島  4    1    0    0    0    0    0    0
6伊藤  3    0    0    0    0    0    0    0
 山本  0    0    0    0    0    0    0    0
7山川  3    1    0    0    0    0    0    0
8渡邉  2    0    0    0    0    0    0    0 
 荘司  1    0    0    0    0    0    0    1
9今井  2    0    0    0    0    0    1    0 
  

投手 投球回数 投球数 安 打 三 振 四死球 暴 投 自責点
岡本   7     115     5     3    6    0    1
竹谷   2     22     0     1    0    1    0

(記事・集計/藤井真由子)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rikkiorubberball.blog49.fc2.com/tb.php/18-3a8d017c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
日本プロ野球では、頭部への死球もしくはそれに準ずる投球がなされた場合には危険球(きけんきゅう)を投げたとして投手は主審(球審)から警告を受ける。特に危険であると判断された場合は退場となる。1度目の警告を受けた後で同じ投手が再度危険球を投じた場合は無条件で
2007/04/04(水) 17:44:32 | 野球が面白いかも
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。